『映画館に行こう!キャンペーン2020』アンバサダー役所広司が、映画館への思いや、映画館体験の素晴らしさをアピール!

2020.7.3

新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴う緊急事態宣言の解除を受けて、順次運営を再開した全国の映画館。この夏、「映画館に行こう!」をスローガンに、映画館の安心安全への取り組みや、大きなスクリーンで鑑賞する映画本来の楽しさをアピールする『映画館に行こう!キャンペーン2020』が開始された。

本企画第1弾開始を迎え、『映画館に行こう!』実行委員会は、6月30日(火)TOHOシネマズ日比谷・スクリーン12にて記者会見を実施。
アンバサダーの役所広司、「映画館に行こう!」実行委員会顧問・岡田裕介、「映画館に行こう!」実行委員会委員長・松岡宏泰が登壇した。

会見では、『映画館に行こう!キャンペーン2020』の概要、映画館の安心安全への取り組み、今後の映画業界の動向についての話などが語られた。
今後は、アンバサダーの役所広司を筆頭に、映画業界人10人が今の映画・映画館に対する思い、思い出、魅力、そして新しい映画鑑賞様式について語る「YouTube」リレー動画が配信されていく。

ソーシャルディスタンスをとってフォトセッション 左から、松岡宏泰(『映画館に行こう!』実行委員会委員長)・役所広司・岡田裕介(『映画館に行こう!』実行委員会顧問・一般社団法人 日本映画製作者連盟会長)

■役所広司(キャンペーン・アンバサダー)
今回キャンペーン・アンバサダーのオファーを受け、こういった役目は苦手ですが、お世話になっている映画業界に恩返しが出来たらという気持ちで引き受けさせていただきました。
自粛期間中に家のテレビで映画を楽しまれた方も多いかと思いますが、やはり映画館で見る映画は別物だと思うので、映画館で映画を見ていただきたいです。
お客様も不安な気持ちもあるかと思いますが、劇場スタッフの皆さまが、お客様を迎える安心・安全を提供するため頑張っています。観客側としてもコロナ渦におけるマナーを守って、映画館での映画鑑賞を楽しみましょう!
また、先が予測の付かない厳しい環境下にいますが、覚悟と努力で、日本映画がもっと豊かに、世界に誇れる日本映画になれるよう、改めて頑張っていきたいです。
キャンペーンの今後の動画投稿で、素晴らしい映画人たちが登場するので、是非お楽しみに!
■岡田裕介(『映画館に行こう!』実行委員会顧問・一般社団法人 日本映画製作者連盟会長)
今はほとんどの作品が公開延期になっており、なかなか新作を皆様にお届けできていないのですが、8月に向け、続々と作品がそろってくるので、お客様が安心して見に来ていただけるよう映画館の方も万全の準備を整えてまいります。
また新作を映画館で楽しんでいただけたらと思います。
■松岡宏泰(『映画館に行こう!』実行委員会 委員長)
映画業界の関係者から「一緒に頑張っていこう!」という声が集まってこのようなキャンペーンを実施することになりました。映画ファンに「映画館に行きたい!」と思って頂くことが、我々にとって一番大切です。
安全面への不安の声が寄せられていますが、安全のためのガイドラインの作成はもちろん、最大限努めてまいりますので、安心して大きなスクリーンで映画を見ていただき、充実した気持ちでお帰り頂けたらと思います。

『映画館に行こう!』公式サイト・SNS

公式ホームページ:https://eigakan.org/movies/top

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCnNyaUvA9avb1bJMK3pgXhg

Twitter:https://twitter.com/gotoeigakan

Instagram:https://www.instagram.com/gotoeigakan/

FLYING POSTMAN PRESS HOME